食物アレルギーレシピサイト〜チームアレルギー運営
ゲスト さん
Googleサイト内検索



ごきげんはうす

食物アレルギーの正体(原因と症状)


食物アレルギーはどうして起きるの?


私たちのからだには、免疫システムが備わっています。涙や鼻水、発疹などは、みんなからだの中に入ってきた異物をおし流そうとする生体防御の 働きなのですが、それも免疫システムの一つなのです。

免疫システムは、ありとあらゆる侵入物からからだを守るため、いくつものパターンが発達しています。ただ、適切に機能すれば、めでたく生体防御となるはずが、その範囲をはずれてしまうことがあるのです。
それがアレルギーです。



本来なら、反応しなくてもよいものまで「排除すべき対象(抗原、アレルゲン)だ!」と認識して、命令系統が過剰に反応し、炎症が起きたり、呼吸器や循環器系の働きまでおかしくなることもあります。

抗原(アレルゲン)となるのは、タンパク質や薬品、金属などいろいろありますが、なかでも生物由来のタンパク質は主要なもの。おなじみは花粉症のスギ花粉でしょうか。
というわけで、食物アレルギーは特定の食物に含まれるタンパク質を抗原とするアレルギー反応ということになります。


食物アレルギーはどうして増えているの?


はっきりした原因はいまだ不明。世界のアレルギーの研究者たちが今一生懸命研究しています。有力視されているのは、食生活の変化(お米が減って小麦粉が増えた。キウイ、ピーナッツなど原因となりやすい食品が出回るようになったetc)。

体質や遺伝もありますが、気密性の高い住宅が増えているため、ダニやほこりが発生して、家具や家財からの化学物質、また大気汚染などで、免疫システム自体が過敏になったためともいわれています。



風邪や睡眠不足、過労なども悪化のもと。さらに大人の場合、仕事や人間関係などのストレスで免疫システムにも異常がおこりやすくなるようです。


こんな症状がサインです


食物アレルギーの症状でもっとも多いのが、じんましんや発赤といった皮膚症状。これに咳や呼吸困難などの呼吸器症状、口、のどの粘膜のはれや鼻水、 目のかゆみなどの粘膜症状、そして下痢、嘔吐、腹痛などの消化器症状があります。

これらの症状は、原因となる食品を食べて2時間以内に現れる「即時型」と、それ以上の時間がたってから現れる「遅延型」に分けられます。 一般に食物アレルギーといえば「即時型」のタイプが多く、食後すぐに症状が現れるので、原因となる食品もより特定しやすいのが特徴。ただし、ぜんそくのような症状や、血圧低下から死にいたる全身性の症状(アナフィラキシー)など重篤な事態におちいることもあります。

対する「遅延型」の代表例は、赤ちゃんの粉ミルクのよるアレルギーで、下痢や血便などの消化器症状が現れます。これらはしばらくしてから症状が出てくるので診断や原因の特定も困難です。

NPO法人ヘルスケアプロジェクトが運営する食物アレルギーっ子のための献立サイト〜広島発〜
http://www.team-allergy.com
Copyright(C)2008 All rights reserved.