新しい環境の変化で疲れていませんか?

環境の変化で疲れていませんか?

アレっ子と保護者の心のケア

長く続くコロナ禍で今までとは違った生活を強いられ、さらに環境の変化で子どもの心とからだは揺れ動いています。
保護者の方もコロナを境に仕事のスタイル、生活のリズムが変わり、ストレスを感じながらも、毎日がんばっていらっしゃるはずです。
こんな時期だからこそ、家族が楽しく過ごせる工夫が大切ですね。

この時期、特に心届けたいこと

新しい環境に慣れるのが苦手な子は、慣れるまでに時間がかかります。 いつもと同じような様子に見えても、子どもなりに新しい環境に慣れようとがんばっている子もいます。このようなお子さまの小さな変化を、見逃さないようにしましょう。

お子さまの語る言葉 (お話)を同じ目線で しっかり聞きましょう。

「いってらっしゃい」「おやすみ」 「いただきます」「ごちそうさまでした」などのあいさつはしっかりと目を合わせたり、ぎゅっと抱きしめてあげるなどのコミュニケーションをとりましょう。

親子いっしょにリフレッシュできるように、 家の中や外で適度な運動や遊びをしましょう。

環境の変化やコロナ禍などのストレスが、子どもだけでなく、保護者の方にもかかっていないでしょうか?
保護者の心が安定してお子さまにとって安全基地になっていると、 子どもは安心してのびのび生活できます。

 

 

 

保護者自身にストレスや不安があると、 それはお子さまに全部伝わります。
まずは保護者自身がストレスをためないこと。 不安や気がかりなことがあれば、身近な人に相談したり、地域の患者会などを探して、 同じ悩みをもっている人とのかかわりをもつことも、ストレス発散につながります。 

現在活動中の患者会の一覧はこちら
>> 一般社団法人 LFA Japan
*掲載している患者会は全国すべてを網羅しているわけではありません

 

タイトルとURLをコピーしました